レーシックと保険について

トップページ > レーシック豆知識 > 現在のページ

レーシック手術は、保険を使って手術給付金がもらえる?

病院の診療について

日本は国民皆、保険制度が実現している国です。私たち被保険者は毎月所定の保険料を支払う代わりに、医療機関に支払う治療費を3割に軽減してもらっています。この保険制度のおかげで、子供から高齢者まであらゆる国民が安心して質の高い医療を受けることができます。

ただし、病院の診療には「保険診療」と「自由診療」の2種類が存在します。風邪や虫歯の治療などは保険診療にあたり、患者が負担する治療費は3割までです。一方、美容整形やインプラントのように病気の治療ではない診療は自由診療にあたり、患者は治療費の全額を支払わなければなりません。

手術給付金について

給付金もらっちゃおう

レーシックは美容整形などと同じように、病気の治療ではないため健康保険が適用されない自由診療です。従ってレーシック手術を受ける場合、患者は多額の費用を自己負担しなければならなくなります。そのため、どうしても安い眼科医を選ぶ人も少なくありませんが、体の中でもデリケートな大切な目の手術なので、安いからと言って安易に価格だけで選ぶのは危険です。

しかし、日本にはレーシックの治療費にも適用される保険が存在します。それは、民間の生命保険会社が提供している医療保険です。レーシックの治療費は手術給付金の対象になっているため、手術の際におよそ数万円程度の医療費が支給されます。さすがに3割負担というわけにはいきませんが、それでも治療費軽減の大きな助けになってくれることは間違いありません。

なお、医療保険の給付額は各生命保険会社の契約コースによって大きく異なります。生命保険に加入している方は、レーシック手術を受けたらどのくらいの給付金をもらえるのか事前に確認しておくことをおすすめいたします。その際は、「レーシック」という通称ではなく、「エキシマレーザー角膜屈折矯正手術」という正式名称で問い合わせするようにしてください。

最近では、レーシック手術に対して保険が降りる会社も少なくなってきましたが、それでも残っていることは確かです。自分が加入している会社で保険が適用できるかどうか確認してみましょう。また、降りるとしても条件が付く場合もあるので、それもあわせて確認することをおすすめします。

ちなみに当サイトの運営者は、医療保険で7万円の給付金が出ました。
僕が、レーシックを決心した4つの理由 >>

どのくらいもらえるものなの?

レーシックの手術給付金は、保険会社や保険の契約内容によってもらえる金額に差がありますが、だいたい3万~10万円前後になるようです。

ちなみに、給付金を受け取るためには、診断書の提出が必要になります。生命保険会社のホームページからテンプレートをダウンロードしてクリニックに持参するか、あるいはクリニックの担当医師に作成を依頼しましょう。(数千円程度の費用がかかる場合もあります。)

各クリニックの医療保険を申請するための診断書作成費用は以下の通りです。
■品川近視クリニック 9,000円
■神戸神奈川アイクリニック 5,000円
■錦糸眼科 5,000円
■湘南メディカルクリニック 10,000円
※2013年9月末日現在

給付金がもらえる保険会社

レーシックに対して給付金の実績がある保険会社は以下の通りです。

あ行
・あいおい生命、アクサ生命、朝日生命、アメリカンファミリー、アメリカンライフインシュアランス、AIGスター生命、AIGエジソン生命、ウインタートウル・スイス生命、エキスパートアライアンス

か行
・警察共済組合制度

さ行
・ジブラルタ生命、JA共済、住友生命、ソニー生命、ソニー損害、損保ジャパンひまわり生命

た行
・第一生命、太陽生命、大同生命、東京海上日動あんしん生命

な行
・日本生命

は行
・プルデンシャル生命、富国生命、ピーシーエー生命保険

ま行
・明治安田生命、三井生命、三井住友海上火災、三井住友海上きらめき生命、マニュライフ生命

ただし、現在も給付されるかどうかや給付する条件については各保険会社によって異なりますので、まずは問い合わせてみましょう。

最近の保険事情

気をつけなければいけないのは、中にはレーシック手術を手術給付金の対象として認めていない保険コースもあるということです。

厚生労働省によって正式にレーシックが日本で許可されたのは2000年ですが、今では年間に全国で50万件近くものオペが実施されているほど広く普及しています。その過程において、自由診療であるレーシックの治療費を少しでも抑えるために、最初からレーシックの治療費目的で生命保険に加入して、術後あっさり解約してしまう人が急増してしまいました。そのため、最近の医療保険ではレーシックを手術給付金の対象として認めていないケースが大半です。今後生命保険に加入する予定の方は、事前に契約内容をしっかりチェックしておいた方が良いでしょう。


画像
画像
品川近視クリニック説明
公式
詳細
体験談